忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 05:16 】 |
こんなのもあった
ひっそりとやっていきたいと思っているので
他サイトへのリンクは基本的にしていません。

でも、ほかの再入学生のブログっておもしろい。
記事を読んでいると、合格した人たちには共通する何かが
なんとなくあるような気がします。

面接で一つおもいだしたので考えてみます。
どこかの大学の面接を受けたときに
「あなたがうちの大学に入ることで
私たち(mediyo注:大学側)にメリットはあるのでしょうか?」

答えにくい質問、だと思います。
自分のされて嫌な質問トップ3ぐらいに入ってました。
(でも個人的には知識を問う問題のが嫌です。法律の内容とか)

今だったらどう答えるかな。
おそらく正直に「これだ、というメリットは思いつかない」って答えます。
その上で
「ただ、私にできるのは合格した後に
目標を見失わず、それを達成するための努力をし続けること、
そして医師になり、精いっぱい患者さんのために働くことです。」

と答えるかなあ・・・
それだけは個人的に約束できるし(なかなかうまくいかないのですが)、
それがまわりまわって母校の評判を上げることにつながるので
「メリット」と言えるんじゃないかと。。。

だって正直な話、
自分が入ることでメリットなんて特にないと思います。
たまたま入試の日に不調で不合格になった人が
まぐれで受かった私より優秀だったなんて普通にありうるだろうし。

そういう可能性がある(あった)かもしれないということを頭の隅において、
じゃあ自分にできることはなんだろうか、と考えます。
で、考え付いたのが上記の返答です。

はっきりと「メリットがある」と言って
相手を納得させるには
それだけの経歴と研究実績などを兼ね備えていないと難しそうですね。
そういった人たちはだいたい学士編入で入ってきます。
その人たちならこの質問にどう答えるだろう??


PR
【2011/02/21 20:49 】 | 再受験・合格まで | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<明日から前期一般入試 | ホーム | これからの予定>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>