忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 05:20 】 |
私立医大の面接でのこと
ネットでは評判のよくない、東北地方にある私立医大を受験しました。
東北には1校しかない・・・?まあ某私立医大ということで。

あまりにこの学校については良くない話ばかりついてまわってる
気がするので、ちょっと残念な気がします。
私はこの大学にそれほど嫌なイメージはありません。

二次の面接のときに、家族構成(書類に記入欄あり)を聞かれました。
私はすでに両親とも他界したということを伝えました。
この質問の目的は「学費が払えるかどうか知りたい」ということにある
ということは想像がつきます。
なので、私は続けて父は開業医だったこと、学費と生活費は父の残して
くれたものから出すということを伝えました。

そしてそれに合わせて医師志望理由も伝えました。
開業医であった父がいきなり倒れたこと。
救急車で運ばれたが、市内の病院のほとんどが受け入れてくれなかったこと。
そのとき私たち家族がどんな思いをしたかということ。
最後に一つの病院だけが見つかったこと。
そこの先生が「病気で困ってる人を助けるのが仕事です」と言って受け入れてくれたこと。
そこで父が最期まで丁寧にサポートされて亡くなったこと。
私がどれほどその病院の対応に感謝し、感銘を受けたかについて。

それ対して面接官は、
「・・・お辛かったことでしょう。よく頑張ってこられました」
と言いました。

この言葉自体はわりと「そりゃ言うだろう」というものなんですが、
この前に受験した関東の某私立医大(再受験生が非常に多い大学)
の二次面接ではなんと言われたかというと
「いつかはみんなそうなるからね、あなただけじゃないんだよね」
とだけ言われました。

面接官の同情を引きたくて話した内容ではありません。
それでも後のほうの対応をされたら傷つきます。

二つの大学の反応の違いにもやもやとしたなという思い出です。
ちなみに、前の大学は正規合格、あとのほうの大学は二次落ちです。
自己採点では7・5~8割あったはずなのに、補欠枠にすら入れませんでした。
PR
【2010/09/27 09:14 】 | 再受験・合格まで | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ME実習 | ホーム | まったく受験に関係ない話題>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>