忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 05:08 】 |
医学生は不自由、かな
再試験の数がすごいことに・・・
バイトのシフトも入ってくるし、計画的に勉強を進めないとと思っています。

ところで、日経メディカルオンラインの記事に、
「医師国家試験の合格が、医学生にとって最低限クリアしなければならない課題であることに異論はない。医学部に通う学生は、医師になるという明確な目標がある。
だから、「迷いもなければ不安もない」と思われるかもしれないが、裏を返せば、「近い将来、早いか遅いかの違いはあるにせよ、否が応でも医師にならざるを得ない」と思っている。」


先輩たちも同じような思いをしていたのでしょうか。
ご飯を食べに病院のレストランやコンビニをよく利用するんですが、
日曜の午後にコンビニでお弁当やら買ってるドクターを見ると、
「ああ、あれが5年後の自分の姿なのか・・・」
なんて想像してしまいます。

もう一つ、同じく日経メディカルオンラインから。
そして、あえて言うなら、「一所懸命に勉強していれば、いつかきっと実践の役に立つであろう」という、確信的な未来予想を動機付けにするのではなく、「役に立つか分からないような勉強を悠長にやっていられるのは、今だけかもしれない」(後略)」

私も近頃そう感じるようになりました。
学生全体に対して当てはまる言葉かなと思います。

PR
【2011/10/01 11:37 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<学士組と一般組に分かれるわけ | ホーム | 久々>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>