忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 05:23 】 |
読書

『グレート・ギャッツビー』

別の大学に行った子がテキストとして持ってるのを見て
懐かしくなり購入。
前の大学の英米文学の授業で何度も取り上げられてたなあ。

中学か高校のときに新潮文庫の野崎版を読み、
そして今回ようやく村上春樹版と小川版を読みました。
個人的には小川版がおすすめです。

10代でこの作品の面白さがわかったらすごいと思います。
私は初めて読んだときから約10年、
何度も読み返してようやくこの作品が「よい」とされてる
理由がつかめました。
いろいろ自分の過去も思い返してしまい
もう涙なしには読めない・・・

今はコミックス版も発売されてるのでとっつきやすくなりました。
コミックス版で「?」となるところは、文庫を読み返して見ると「!」となり、
併読しても楽しめます。





 

PR
【2011/02/20 20:58 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<部屋探しのボランティア | ホーム | すごいな、この子たち>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>